中央臨床メディエンス

電話番号

検査項目案内

ホーム 検査項目案内

2022年4月1日 現在

検索結果:150件

検索結果の検査項目の表は、横スクロールで全てご覧になれます。

検査項目 検体採取 検査方法
単位
基準値
所要日数 実施料 検体の
安定性
項目
コード
項目名 提出量
(mL)
容器 保存
00194 24時間クレアチニンクリアランス 酵素法
mL/min
66.1~214.1
1~2
【備考】計算項目
12319 CoV2スパイク IgG抗体 全血1
血清0.3
1 CLIA
AU/mL
(-)
50.0未満
1~2
30441 SARS-CoV2 IgM抗体 全血1
血清0.3
1 CLIA
(-)
1.00未満
1~2
00085 24時間クレアチニンクリアランス 全血2
血清0.5
24尿H5
01 酵素法
L/day
95.2~308.3
1~2
【備考】血清、尿の両材料提出
身長・体重・尿量を明記
*4参照
30427 SARS-CoV-2 IgG抗体 全血1
血清0.3
1 CLIA
(-)
1.40未満
1~2
91668 SARS-CoV-2(TRC) 拭い液 41 TRC法
陰性
1~2 700
00791 比重《穿刺液》 穿刺液1 27 屈折計法
浸出液1.018以上
漏出液1.015以下
1~2
00792 蛋白定量《穿刺液》 穿刺液1 27 ピロガロールレッド法/
ビューレッド法
g/dL
浸出液4.0以上
漏出液2.5以下
1~2
【備考】生化学的検査における他項目包括及び判断料の規定が準用されます。
00793 糖定量《穿刺液》 穿刺液1 27 グルコキナーゼ法
mg/dL
1~2
【備考】生化学的検査における他項目包括及び判断料の規定が準用されます。
00794 沈渣《穿刺液》 穿刺液10 27 遠沈鏡検法
1~2
【備考】生化学的検査における他項目包括及び判断料の規定が準用されます。
00801 量《精液検査》 精液全量 27 重量法
mL
2.0以上
1~2 70
00803 精子濃度《精液検査》 精液全量 27 鏡検法
×10⁶/mL
20.0以上
1~2 70
00804 精子有無 精液全量 27 鏡検法/遠心鏡検法
(有)
1~2 70
00755 正常形態率《精液検査》 精液全量 27 鏡検法/遠心鏡検法
%
15.0以上
1~2 70
00802 pH《精液検査》 精液全量 27 試験紙法
7.2以上
1~2
91668 SARS-CoV-2(TRC) 唾液 50 TRC法
陰性
1~2 700
00559 フィブリノーゲン(FIB) 血液1.8
クエン酸血漿0.5
15

2


トロンビン法
mg/dL
155~415
1~2 23
【備考】1.凝固系検査の検体量は正確に入れてください。
00560 血中FDP 血液1.8
クエン酸血漿0.5
15

2


LPIA
μg/mL
5.0未満
1~2 80
【備考】1.凝固系検査の検体量は正確に入れてください。
03982 D-ダイマー 血液1.8
クエン酸血漿0.5
15

2


LPIA
μg/mL
1.00未満
1~2 130
【備考】1.凝固系検査の検体量は正確に入れてください。
00529 鼻汁中好酸球 塗抹標本
1枚以上
20 ライト染色
(-)
1~2 15
00601 蛋白定性 尿10 25または66         遮光 試験紙法
(-)
1~2
【備考】実施料は、当該保険医療機関内で検査を行った場合のみ算定できます。
00605 糖定性 尿10 25または66         遮光 試験紙法
(-)
1~2
【備考】実施料は、当該保険医療機関内で検査を行った場合のみ算定できます。
00610 ビリルビン定性 尿10 25または66         遮光 試験紙法
(-)
1~2
【備考】実施料は、当該保険医療機関内で検査を行った場合のみ算定できます。
00653 尿中ケトン体 尿10 25または66         遮光 試験紙法
(-)
1~2
【備考】実施料は、当該保険医療機関内で検査を行った場合のみ算定できます。
00638 潜血反応 尿10 25または66         遮光 試験紙法
(-)
1~2
【備考】実施料は、当該保険医療機関内で検査を行った場合のみ算定できます。
00609 ウロビリノーゲン定性 尿10 25または66         遮光 試験紙法
(±)
1~2
【備考】実施料は、当該保険医療機関内で検査を行った場合のみ算定できます。
00637 pH 尿10 25または66         遮光 試験紙法
5.0~7.5
1~2
【備考】実施料は、当該保険医療機関内で検査を行った場合のみ算定できます。
00639 比重 尿10 25または66         遮光 屈折計法
1.006~1.030
1~2
【備考】実施料は、当該保険医療機関内で検査を行った場合のみ算定できます。
00769 色調 尿10 25または66         遮光 目視法
1~2
【備考】実施料は、当該保険医療機関内で検査を行った場合のみ算定できます。
00602 蛋白定量 畜尿1または部分尿1 25 ピロガロールレッド法
mg/day
(畜尿)20~120
1~2 7
00606 糖定量 畜尿1 または 部分尿 25 グルコキナーゼ法
随時尿20以下 mg/dL
1日量40~85 mg/day
1~2 9
00746 NAG 尿0.5 25 人工基質MPT法
U/L
11.5以下
1~2 41 1週
91596 尿中アルブミン定性 尿5 25 試験紙法
(-)
1~2 49
04107 尿中アルブミン定量 畜尿
0.5
25 TIA
mg/day
22.0以下
1~2 99 8週
00612 沈渣 尿
10
25 遠沈鏡検法
1~2
02941 便中ヘモグロビン 糞便 専用容器 採取検体 31 ラテックス凝集法
(-)
1~2 37
00701 虫卵(塗抹) 糞便親指頭大 29 直接塗抹法
(-)
1~2 20
00702 虫卵(集卵) 糞便親指頭大 29 浮遊法
(-)
1~2 15
00790 リバルタ反応 穿刺液1 27 リバルタ反応
浸出液(+)
1~2
30109 《IgE-CAP16(特異的アレルゲン16種)》アトピー成人 全血 各5
血清 各1.5
1 FEIA
UA/mL
0.35未満
*12参照
1~2 1430 12週
【備考】*16参照 アレルゲン39 種類に対し、検査優先順位の指定はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
30142 《IgE-CAP16(特異的アレルゲン16種)》花粉症・鼻炎 全血 各5
血清 各1.5
1 FEIA
UA/mL
0.35未満
*12参照
1~2 1430 12週
【備考】*16参照 アレルゲン39 種類に対し、検査優先順位の指定はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
30175 《IgE-CAP16(特異的アレルゲン16種)》アレルギー喘息 全血 各5
血清 各1.5
1 FEIA
UA/mL
0.35未満
*12参照
1~2 1430 12週
【備考】*16参照 アレルゲン39 種類に対し、検査優先順位の指定はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
01391 HBs抗原《CLIA法》 全血2
血清0.5
1 CLIA
陰性(-)
0.05未満
1~2 88 12週
【備考】*10参照
00229 HBs抗体《凝集法》 全血2
血清0.4
1 PHA
8未満
1~2 32 12週
【備考】*10参照
01530 HBs抗体《CLIA法》 全血2
血清0.5
1 CLIA
陰性(-)
10.0未満
1~2 88 12週
【備考】*10参照
02491 HCV抗体-Ⅱ 全血1
血清0.3
1 CLIA
陰性(-)
(S/CO)1.00未満
1~2 105 12週
00501 白血球数 EDTA加血液2 13*9参照 凍結不可 フローサイトメトリー法
/µL
3,300~9,000
1~2 21
【備考】末梢血液
00502 赤血球数(RBC) EDTA加血液2 13*9参照 凍結不可 電気抵抗検出法
×104/μL
M 430~570
F  380~500
1~2 21
【備考】末梢血液
00503 ヘモグロビン(Hb) EDTA加血液2 13*9参照 凍結不可 SLS-Hb法
g/dL
M 13.5~17.5
F  11.5~15.0
1~2 21
【備考】末梢血液
00504 ヘマトクリット(Ht) EDTA加血液2 13*9参照 凍結不可 赤血球パルス波高値検出法
%
M 39.7~52.4
F  34.8~45.0
1~2 21
【備考】末梢血液
00554 血小板数(PLT) EDTA加血液2 13*9参照 凍結不可 電気抵抗検出法
×104/μL
14.0~34.0
1~2 21
【備考】末梢血液
00505 平均赤血球容積(MCV) EDTA加血液2 13*9参照 凍結不可 電気抵抗検出法
fL
85~102
1~2
【備考】末梢血液
00506 平均赤血球血色素量(MCH) EDTA加血液2 13*9参照 凍結不可 電気抵抗検出法
pg
28.0~34.0
1~2
【備考】末梢血液
00507 平均赤血球血色素濃度(MCHC) EDTA加血液2 13*9参照 凍結不可 電気抵抗検出法
%
30.2~35.1
1~2
【備考】末梢血液
00540 網状赤血球数
(レチクロ)
EDTA加血液2 13*9参照 凍結不可 フローサイトメトリー法
4~19
1~2 12
00541 好酸球数 EDTA加血液2 13*9参照 凍結不可 自動血球分析装置使用(フローサイトメトリー法)鏡検間接法
/μL
50~590
1~2 17
【備考】同一検体で好酸球数と末梢血液像検査を行った場合は、末梢血液像の所定点数のみ算定
00508 白血球像 EDTA加血液2
又は
塗抹標本3枚
13*17参照 凍結不可 自動血球分析装置使用(フローサイトメトリー法)目視法(鏡検)
%
Neut  40.0~75.0
Stab  1.0~7.0
Seg  34.0~70.0
Lymph  18.0~49.0
Mono  2.0~10.0
Eosino  0.0~8.0
Baso  0.0~2.0
A-Lymph  0.0
MyeloBlast  0.0
Pro-Myelo  0.0
Myelo  0.0
Meta-Myelo  0.0
EBL  0個/WBC
1~2 15
00508 白血球像 EDTA加血液2
又は
塗抹標本3枚
20 自動血球分析装置使用(フローサイトメトリー法)目視法(鏡検)
%
Neut  40.0~75.0
Stab  1.0~7.0
Seg  34.0~70.0
Lymph  18.0~49.0
Mono  2.0~10.0
Eosino  0.0~8.0
Baso  0.0~2.0
A-Lymph  0.0
MyeloBlast  0.0
Pro-Myelo  0.0
Myelo  0.0
Meta-Myelo  0.0
EBL  0個/WBC
1~2 15
00530 赤血球像 EDTA加
血液2又は塗抹標本3枚
13*17参照 凍結不可 目視法(鏡検)
1~2
00530 赤血球像 20 目視法(鏡検)
1~2
07934 プロトロンビン時間(PT) 血液1.8
クエン酸血漿0.5
15

2


透過光
%
70~100*18参照
INR 0.85~1.15
1~2 18
【備考】1.凝固系検査の検体量は正確に入れてください。
00556 活性化部分トロンボプラスチン(APTT) 血液1.8
クエン酸血漿0.5
15

2


透過光
25.0~36.0
1~2 29
【備考】1.凝固系検査の検体量は正確に入れてください。
03606 リウマチ因子定量 全血2
血清0.5
1 LA
IU/mL
15以下
1~2 30 4週
00249 C3 全血2
血清0.5
1 TIA
mg/dL
65~135
1~2 70 1週
00250 C4 全血2
血清0.5
1 TIA
mg/dL
13~35
1~2 70 1週
00462 ABO式血液型 EDTA加血液2 13*9参照 凍結不可 カラム凝集法
1~2 24
00461 Rho(D) 因子 EDTA加血液2 13*9参照 凍結不可 カラム凝集法
1~2 24
00253 直接クームス 試験 EDTA加血液1 13*9参照 カラム凝集法
(-)
1~2 34
00254 間接クームス 試験 全血5
血清1.5
1 カラム凝集法
(-)
1~2 47
91663 血液交差適合 試験 全血3 3 カラム凝集法
(-)
1~2
【備考】1単位増す毎に1mL追加
00152 CRP定性 全各2
血清各0.5
1 LA
(-)
1~2 16 1週
00201 CRP定量 全各2
血清各0.5
1 LA
mg/dL
0.30以下
1~2 16 1週
01838 血中β2 マイクログロブリン 全血2
血清0.5
1 LA
mg/L
0.9~1.9
1~2 101 12週
01839 尿中β2 マイクログロブリン 尿1 25 LA
μg/L
200以下
1~2 101 3週
00235 IgG 全血2
血清0.5
1 TIA
mg/dL
870~1,700
1~2 38 4週
00234 IgA 全血2
血清0.5
1 TIA
mg/dL
110~410
1~2 38 4週
00236 IgM 全各2
血清各0.5
1 TIA
mg/dL
M  33~190
F   46~260
1~2 38 4週
01813 IgE(非特異的) 全血1
血清0.3
1 FEIA
IU/mL
170以下
1~2 100 12週
IgE(特異的) 全血1
血清0.3
1 FEIA
UA/mL
0.35未満
*12参照
1~2 110 12週
【備考】*11参照,*15参照 シングルアレルゲン検査において、多項目同時依頼の際の必要血清量は、[0.2+(0.08×依頼項目数]mLが目安となります。
30298 IgE(特異的)Ara h 2(ピーナッツ由来) 全血1
血清0.3
1 FEIA
UA/mL
陰性(-)
0.35未満
1~2 110 12週
【備考】「Ara h 2」は他のシングルアレルゲンとは判定基準及び報告形態が異なります。(クラス報告は行いません)
擬陽性 0.35~3.99
陽性  4.00以上
01970 IgEファディアトープ(特異的吸入性 アレルゲン) 全血1
血清0.3
1 FEIA
陰性(-)
1~2 194 12週
【備考】*13参照
26000 Viewアレルギー39 全血3
血清0.9
1 FEIA
(index)
0.27未満
*14参照
1~2 1430 12週
【備考】*16参照 アレルゲン39 種類に対し、検査優先順位の指定はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
30010 《IgE-CAP16(特異的アレルゲン16種)》食物 アレルギー 全血 各5
血清 各1.5
1 FEIA
UA/mL
0.35未満
*12参照
1~2 1430 12週
【備考】*16参照 アレルゲン39 種類に対し、検査優先順位の指定はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
30043 《IgE-CAP16(特異的アレルゲン16種)》アトピー乳幼児 全血 各5
血清 各1.5
1 FEIA
UA/mL
0.35未満
*12参照
1~2 1430 12週
【備考】*16参照 アレルゲン39 種類に対し、検査優先順位の指定はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
30076 《IgE-CAP16(特異的アレルゲン16種)》アトピー学童 全血 各5
血清 各1.5
1 FEIA
UA/mL
0.35未満
*12参照
1~2 1430 12週
【備考】*16参照 アレルゲン39 種類に対し、検査優先順位の指定はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
02993 黄体形成ホルモンLH 全血1
血清0.3
1 CLIA
mIU/mL
*5参照
1~2 108 12週
02994 卵胞刺激ホルモンFSH 全血1
血清0.3
1 CLIA
mIU/mL
*5参照
1~2 108 12週
00910 プロラクチン(PRL) 全血1
血清0.3
1 CLIA
ng/mL
M 3.58~12.78
F 6.12~30.54
1~2 98 12週
02503 甲状腺刺激ホルモンTSH 全血2
血清0.5
1 CLIA
μIU/mL
0.350~4.94
1~2 101 12週
【備考】*6参照
00923 トリヨードサイロニンT3 全血2
血清0.4
1 CLIA
ng/dL
57~152
1~2 99 12週
【備考】*6参照
00922 総サイロキシンT4 全血2
血清0.4
1 CLIA
μg/dL
4.87~11.72
1~2 108 12週
【備考】*6参照
01145 遊離トリヨードサイロニンFT3 全血2
血清0.4
1 CLIA
pg/mL
1.68~3.67
1~2 124 12週
【備考】*6参照
00926 遊離サイロキシンFT4 全血2
血清0.4
1 CLIA
ng/dL
0.70~1.48
1~2 124 12週
【備考】*6参照
25750 エストラジオールE2 全血2
血清0.5
1 CLIA
pg/mL
*7参照
1~2 172 12週
【備考】妊娠の有無、妊娠周期を必ず記載して下さい
01067 尿中HCG 新鮮尿0.4 25 FEIA
mIU/mL
*8参照
1~2 134 12週
【備考】妊娠の有無、妊娠周期を必ず記載して下さい
01066 血中HCG 全血2
血清0.4
1 FEIA
mIU/mL
*8参照
1~2 134 12週
【備考】妊娠の有無、妊娠周期を必ず記載して下さい
01220 インスリン 全血1
血清0.3
1 CLIA
μU/mL
1.7~10.4
1~2 103 12週
【備考】溶血検体不可
01840 αフェトプロテイン(AFP) 全血1
血清0.3
1 CLIA
ng/mL
10.0以下
1~2 101 12週
01803 癌胎児性抗原(CEA) 全血1
血清0.3
1 CLIA
ng/mL
5.0以下
1~2 99 12週
01138 CA19-9 全血2
血清0.4
1 CLIA
U/mL
37.0以下
1~2 124 12週
05223 高感度PSA 全血1
血清0.3
1 CLIA
ng/mL
4.00以下
1~2 124 12週
【備考】測定レンジ:0.08~∞(ng/mL)前立腺癌診断のcut-cff値としては10.0ng/mLが推奨されます。
05209 脳性Na利尿ペプチド(BNP) 全血2→
EDTA血漿0.5
14

2
CLIA
pg/mL
18.4 以下
1~2 133
00322 ASO定量 全血2
血清0.5
1 LA
IU/mL
200以下
1~2 15 4週
00206 寒冷凝集反応 全血1
血清0.3
1 赤血球凝集反応
64未満
2~3 11 4週
【備考】冷蔵不可
00218 マイコプラズマ抗体 全血1
血清0.3
1 PA
40倍
09570 《梅毒定性》RPR法 全血2
血清
各0.4
1 LA
(-)
1~2 15 2週
【備考】定性、定量を同時測定の場合、 点数は定量のみ算定
09571 《梅毒定性》TP抗体法 全血2
血清
各0.4
1 LA
(-)
1~2 32 2週
【備考】定性、定量を同時測定の場合、 点数は定量のみ算定
09572 《梅毒定性》RPR法 全血2
血清 各0.4
1 LA
R.U.
1.0未満
1~2 34 2週
【備考】定性、定量を同時測定の場合、 点数は定量のみ算定
09573 《梅毒定性》TP抗体法 全血2
血清 各0.4
1 LA
T.U.
10.0未満
1~2 53 2週
【備考】定性、定量を同時測定の場合、 点数は定量のみ算定
00108 HDLコレステロール 全血2
血清0.5
1 酵素法(直接法)
mg/dL
M 40~85
F  40~95
1~2 2週
01995 LDLコレステロール 全血2
血清0.5
1 酵素法(直接法)
mg/dL
65~139
1~2
00042 リン脂質 全血2
血清0.5
1 酵素法
mg/dL
150~280
1~2 1週
00041 TG(中性脂肪) 全血2
血清0.5
1 酵素法
(遊離グリセロール消去法)
mg/dL
30~149
1~2 4日
【備考】空腹時採血
00044 総脂質(TL) 全血2
血清0.5
1 計算法
mg/dL
400~800
1~2
00270 総胆汁酸 全血2
血清0.5
1 酵素法
μmol/L
10.0以下
1~2 47 4週
01370 グルコース NaF加血液2 4 凍結不可 酵素法
mg/dL
70~109
1~2 1週
【備考】空腹時採血
採血後混和
03000 HbA1c(NGSP) NaF加血液2 04 *2参照 凍結不可 酵素法
%
4.6~6.2
1~2 49 *2参照 1週
00047 ナトリウム 全血各2 血清各0.5 1 電極法
mEq/L
137~147
1~2 4週
【備考】〔尿〕基準値 2.4~9.9g/day
00049 クロール 全血各2 血清各0.5 1 電極法
mEq/L
98~108
1~2 4週
【備考】〔尿〕基準値 3.5~14.9g/day
00048 カリウム 全血2
血清0.5
1 電極法
mEq/L
3.5~5.0
1~2 4週
【備考】溶血不適当〔尿〕基準値 0.9~3.0g/day
00050 カルシウム 全血2
血清0.5
1 アルセナゾⅢ法
mg/dL
8.4~10.4
1~2 2週
【備考】〔尿〕基準値 0.05~0.36g/day
00051 無機リン 全血2
血清0.5
1 酵素法
mg/dL
2.5~4.5
1~2 1週
【備考】溶血不適当〔尿〕基準値 0.4~1.2g/day
00052 マグネシウム 全血2
血清0.5
1 酵素法
mg/dL
1.9~2.5
1~2 2週
【備考】〔尿〕基準値 0.02~0.17g/day
00053 血清鉄(Fe) 全血2
血清0.5
1 比色法
μg/dL
M 50~200
F 40~180
1~2 2週
【備考】総鉄結合能(TIBC)と不飽和鉄結合能(UIBC)を同時に実施した場合は、不飽和鉄結合能(UIBC)または総鉄結合能(TIBC)の所定点数を算出します。
00117 不飽和鉄結合能(UIBC) 全血2 血清0.5 1 比色法
μg/dL
M 140~330
F  150~385
1~2 12週
【備考】総鉄結合能(TIBC)と不飽和鉄結合能(UIBC)を同時に実施した場合は、不飽和鉄結合能(UIBC)または総鉄結合能(TIBC)の所定点数を算出します。
01859 フェリチン 全血2 血清0.5 1 CLIA
ng/mL
M 9.0~275
F 4.0~87.0
1~2 105 12週
01370 グルコース負荷試験 NaF加血液各2 4 酵素法
mg/dL
負荷前110未満
1~2 [200]
【備考】尿糖負荷試験含む
*3参照
00142 クレアチニンクリアランス 全血各2
血清0.5
尿 各5
01・25 酵素法
mL/min
82~183
1~2
【備考】・血清、尿の両材料提出
身長・体重・尿量を明記
*4参照
00035 尿素窒素 全血2
血清0.5
1 ウレアーゼ-GIDH法
mg/dL
8.0~20.0
1~2 1週
【備考】〔尿〕基準値 7~13g/day
00032 クレアチニン 全血2
血清0.5
1 酵素法
mg/dL
M 0.61~1.04
F 0.47~0.79
1~2 1週
【備考】〔尿〕基準値 0.50~1.50g/day
01526 推算GFR creat 計算法
mL/min/1.73m²
1~2
【備考】血清クレアチニンと同時依頼された場合に限り、ご報告致します。性別、年齢を必ずご記入下さい。
00036 尿酸 全血2
血清0.5
1 酵素法
mg/dL
M 3.8~7.0
F 2.5~7.0
1~2 4週
00034 血中アンモニア 全血1→
除蛋白上清3
5
↓ 遠心
2
藤井・奥田変法
µg/dL
30~86(採血直後測定)
1~2 50
【備考】除蛋白液入専用容器
00009 AST(GOT) 全血2
血清0.5
1 JSCC標準化対応法
U/L
10~40
1~2 1週
【備考】溶血不適当 *1参照
00010 ALT(GPT) 全血2
血清0.5
1 JSCC標準化対応法
U/L
5~45
1~2 3日
【備考】溶血不適当 *1参照
20136 LD 全血2
血清0.5
1 IFCC標準化対応法
U/L
124~222
1~2 2日
【備考】溶血不適当 *1参照
20135 ALP(アルカリフォスタファーゼ) 全血2
血清0.5
1 IFCC標準化対応法
U/L
38~113
1~2 1週
【備考】基準値は年齢、妊娠と共に増加傾向が認められます。
00015 LAP(ロイシンアミノペプチダーゼ) 全血2
血清0.5
1 L-ロイシル-P-ニトロアニリド基質法
U/L
M 45~81
F  37~61
1~2 4週
00013 γ-GT 全血2
血清0.5
1 JSCC標準化対応法
U/L
M 80以下
F 30以下
1~2 4週
00014 コリンエステラーゼ 全血2
血清0.5
1 p-ヒドロキシベンゾイルコリン法
U/L
M 234~493
F 200~452
1~2 2週
00016 CK 全血2
血清0.5
1 JSCC標準化対応法
U/L
M 60~270
F  40~150
1~2 1週
00080 血清アミラーゼ 全血2
血清0.5
1 酵素法
U/L
40~122
1~2 4週
00081 尿アミラーゼ 尿0.5 25 酵素法
U/L
65~840
1~2 3日
00001 総ビリルビン 全血2
血清0.5
1 酵素法
mg/dL
0.2~1.2
1~2 1週
【備考】要遮光
00002 直接ビリルビン 全血2
血清0.5
1 酵素法
mg/dL
0.0~0.2
1~2 1週
【備考】要遮光
00002 間接ビリルビン 全血2
血清0.5
1 計算法
mg/dL
0.2~1.0
1~2 1週
【備考】要遮光
00039 総コレステロール 全血2
血清0.5
1 酵素法
mg/dL
120~219
1~2 1週
【備考】空腹時採血
00021 総蛋白 全血2
血清0.5
1 ビューレット法
g/dL
6.7~8.3
1~2 4週
00115 アルブミン 全血2
血清0.5
1 改良BCP法
g/dL
3.8~5.2
1~2 4週
00022 A/G 全血2
血清0.5
1 ビューレット法/改良BCP法
1.1~2.0
1~2 4週
【備考】総蛋白とアルブミンの比を算出します。